女性は花が大好きです。大きな花束をもらってうれしくない女性はいないものですが、何でもかんでも贈ればいいというものではありません。花束を贈られるということは、そこに特別な何かがあるということを知っているから喜ぶのであって、奇麗だから、好きだからという理由だけではないことを覚えておきましょう。例えば、プロポーズや愛の告白、記念日や大切な人に薔薇の花束をプレゼントされることは何よりも特別で優越感に浸れる瞬間です。贈る側の気持ちがそこには感じられるからです。時間が経てば枯れてしまう花に、時間と手間とお金をかけて自分のもとへと届けてくれた、そのシチュエーションを喜んでいるということが、花束を贈る側にも分かっているとどのように選び、どのような花を贈ればいいかが分かってきます。

花の持つ意味を知って最適な花束を贈ろう

花言葉は男性にはあまりなじみがないかもしれませんが、女性にとっては占いのように興味深いことのひとつです。その花の意味が分かって贈られていると思っていなくても、その意味を調べてみたくなるのが女心というものです。それを踏まえると、やみくもに花を選んではいけないということがよくわかります。薔薇は一番オーソドックスではずれのない種類ですが、その色によって意味も違ってくるということはあまり知られていません。定番の赤やピンクは愛情を表すので外れませんが、注意したいのは黄色です。ビタミンカラーで元気な黄色ですが、花言葉では別れを意味することがありますので、ネガティブにとらえることができてしまいます。本数によっても意味があるなどといわれますので、プレゼントする前に一度チェックしておくとよいでしょう。

いつまでも美しく枯れない花を贈るという選択

愛の告白だけが花を贈る理由ではありませんが、せっかくプレゼントされた花束を枯らしたくないと思うのも当然です。枯れてこそ花を贈る意味があると、思う人も中にはいるかもしれませんが、ほとんどの人がその色や形を残したいと考えます。そこで、新しい花を贈る形として定着しつつあるのがプリザーブドフラワーです。まるで生花のようにみずみずしい加工された花ですが、その姿が長持ちし、そのまま飾れるので人気です。プリザーブドフラワーに最も適している花が薔薇であり、その特徴を生かして様々なアレンジが楽しまれています。ギフトとしても定番化しつつあり、男性でも買いやすいのでおすすめです。誕生日や結婚記念日、バレンタインなどの逆サプライズとしても永遠の愛を誓うアイテムとしてチョイスしてみてはいかがでしょうか。